後遺症の障害認定

自賠責での交通事故後遺症の後遺障害認定は介護が必要でない場合、1級からあり、一番軽いものが14級です。(等級の数が小さいほど、障害が重いという事です。)つまり、14段階に分類されていますが、かなり分かりにくくなっています。何しろ、一番軽いとされています14級は労働能力損失率5%で健常者とほとんど変わらないような数字で表されていますが、むち打ち症を始め、本人にとってはかなり辛い症状ですから、示談によっては高額な慰謝料を得られるのです。また、この後遺障害第14級は、その部位により1号から9号に分かれています。

それでは、14級における1から9号をざっとご説明致しますと、1号は瞼の欠損、2号は3歯以上の歯科補綴、3号は聴力が1m以上の距離で小声が聞き取れないレベル、4号は上股の露出部に手のひら程度の醜い痕、5号は下股に4号程度の痕、6号は親指以外の1手の指の骨の一部を失う程度、7号は1手の親指以外の遠位指節間関節の屈伸が出来ないといったもの、8号は1足の第3の足指以下1か2の足の指の用を廃したもの、9号は局部に神経症状を残すものとなっています。この他にTFCC損傷といったものがあり、手首の痛みが残る後遺症(14級の9号か12級)ですが、保険会社の基準ですと加齢による減額をされてしまう場合があります。けれども弁護士に相談することで、示談金が増額になる可能性は高いです。あきらめずに弁護士を頼ると良いでしょう。